« 被爆60年の長崎で… | トップページ | 関学九条の会 »

2005年8月17日 (水)

「『復初』の集い」にて

 8月15日。。。15年戦争終結の日であるとともに、丸山真男の命日でもあるこの日、「丸山真男手帖の会」主催による「『復初』の集い」が毎年開催されている。今年で6回目。。。

 戦後60年の節目のこの日、僕は午前中、一種異様な喧騒に包まれた靖国神社を訪ね、千鳥ヶ淵戦没者墓苑で正午の黙祷をささげて、その足で「『復初』の集い」に参加した。

 今年の講演者は、憲法学者の樋口陽一氏。氏は、若き日の丸山が「個人は国家を媒介にしてはじめて具体的定立を得つつ、しかも国家に対しては常に否定的独立の関係に立たねばならぬ」と定式化した弁証法的全体主義の国家観とジャン・ジャック・ルソーrepubliqueとを重ね合わせつつ、今日におけるrepubliqueとしての国民国家の再建の重要性を力説した。

 氏によれば、現在進行中のグローバリズムの中で、郵政民営化にも見られるような国家の撤退と棄民政策(国民の資産を国家の保護の下からグローバルな金融市場へと移管してしまうという意味で…)が進行する一方で、国家を自然的・血統主義的民族(ethonos)によって簒奪しようとする動きが活発になっているという。僕が靖国で見た光景はまさにそれにあたるのだろう。

 こうした中で、自発的な規範形成能力を持った市民(citoiyen)に根ざし、ethonosではなくdemosによって形成されるrepubliqueとしての国民国家を再建することが急務となっている、と氏は主張する。ただ、こうした氏の立場は、今日では甚だ評判がよくない。国民国家の時代は終わり、グローバルな市民社会の時代が到来しつつあるという議論もまた有力だからだ。このような立場からは、氏のような議論は時代遅れの「近代主義」として、バッサリと切って捨てられることも多い。

 しかし、グローバリズムの中での国家の撤退と棄民政策の進行、その一方での民族(ethonos)による国家の簒奪の動きをまえにして、氏の言うような国民国家再建の課題を追求する人々と、グローバルな市民社会の発展にかける人々とが、相対立しているばかりでよいのであろうか?

 とはいうものの、世界社会フォーラムに示されるようなグローバルな市民社会の胎動と国民国家の再建を求める課題とは、どのようにして接合(articulate)され得るのだろうか?樋口氏は、国民国家の再建を求める人々と、グローバルな市民社会の発展を担おうとしている人々との、対話の必要性を強調したが、果たしてそれは、いかにして可能なのだろうか?答えは必ずしも簡単ではないようだ。

 樋口氏の問題提起に多くのことを考える機会を与えられた8月15日だった。

|

« 被爆60年の長崎で… | トップページ | 関学九条の会 »

コメント

税収のほとんどを公務員の人件費として使っています。それで税収だけでは足らないので借金をしています。郵便貯金は国民からもらったものという感じで好き勝手に借りてきては使ってしまうので、小泉さんがそれではいけないと、政府と郵便局との距離を離すために改革しようとした。
もし郵便局から借金ができにくくなったら税収のほとんどを食っている公務員の人件費を削減しようとなるから公務員は反対する
民主党の支持基盤のひとつに公務員の労組がある。公務員が反対したのだから民主党は自分の意思に反して改革に反対しなければならないつらい立場になっている

投稿: MPa | 2005年8月17日 (水) 19時21分

 2005年度予算に占める国家公務員の人件費は、一般歳出総額47兆2829億円のうち4兆6571億円で、約9.8%です。
 税収のほとんどが人件費というのは、本当ですか?
 郵便貯金が、財政投融資の財源として、特殊法人を通して無駄な公共事業に垂れ流されてきたことは事実ですが、この点は、郵政の公社化の過程で是正され、現在は行われていないはずです。
 あとは、郵政公社による国債の引き受けという問題が残されていますが、問題は、政府が小泉首相の当初の公約通りに国債発行を本気で抑える気があるかどうかの問題で、郵政民営化によって国債発行額が減るという問題ではないはずです。問題のすり替えです。
 むしろ、郵政民営化がグローバルな金融市場とそれを後押しするアメリカ政府の要求に従うものであることは、「米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく日本国政府への米国政府要望書」
http://japan.usembassy.gov/j/p/tpj-j20041020-50.html
を見れば明らかです。
こうした事実は、小泉政権も民主党もなかなか認めたがりませんが…
 ちなみに、民主党マニフェストにおける郵政改革の対案も郵便貯金や簡易保険を縮小し、グローバル市場に開放するという点では、本質的に同質な国家の撤退と棄民政策であることも付け加えておきましょう。

投稿: 冨田宏治 | 2005年8月18日 (木) 01時34分

>>郵政民営化がグローバルな金融市場とそれを後押しするアメリカ政府の要求に従うもの

きましたね。
もう少しデムパ症状が強くなると
「ユダヤ独占資本の陰謀が日本の金融資産を狙っているぞ!」
という「カルトデマゴーギー」になるんですよね(ww
つぎは「3百人委員会の陰謀」ですか?
はたまた「フリーメーソンの陰謀」ですかい?

投稿: サヨ観測 | 2005年8月21日 (日) 22時10分

つぎは「3百人委員会の陰謀」ですか?
→つぎは「3百人委員会の世界支配の陰謀」ですか?

はたまた「フリーメーソンの陰謀」ですかい?
→はたまた「フリーメーソンの世界奴隷化の陰謀」ですかい?

と訂正。
で、
また丸山真男とかいう腐乱ゾンビを墓場か引っ張り出してきて「ご高説を演説」かい?

丸山真男・・・一応歴史学者とか称して、一般人にはまったく理解不能な外国難解用語大量使用したサヨ臭い駄論を書き散らしてたな。

こいつのミスリードのおかげで日本の「歴史学」がメチャクチャになった。

一般社会にはインテリの風をヤタラと吹かせる理解不能な論文ばっかり量産している「閑人集団の学問」として
「歴史学なんぞ無用の長物だ!」
という偏見を持たれた。

しかも、さらに君達のような現在に至るまでも、この「毒気」から抜け出せない「唯物論で頭でっかち連中」を量産してしまったのは本当に悲しい事。
「実学としての歴史学」を、「無意味無能な哲学・神学問答」に変えてしまった「A級戦犯」である。

私はとっくの昔に「丸山」なんてゴミ箱に捨てて、トィンビーやH・E・カーに乗り換えましたよ(ww

投稿: サヨ観測 | 2005年8月21日 (日) 22時43分

唯物論とは、社会認識を自然科学の方法をモデルとして認識する考え方をいう。したがって、唯物論を否定することは、社会現象を恣意的に行うことを意味する。知的水準の低いものは発言すべきではないと思う。

投稿: 限界ハゲ | 2005年8月21日 (日) 22時59分

H.E.カー→Edward Hallett Carr
普通は、E.H.カーといいます。。。

投稿: 冨田宏治 | 2005年8月21日 (日) 23時12分

 ちなみに、歴史が選択と物語化による解釈にほかならない以上、常に「現在」に生きる歴史家の問題意識・視点と切り離すことができないという立場から、歴史とは「現在と過去との尽きることのない対話」であり、「歴史家と事実との間の相互作用の不断の過程」であると論じたE.H.カーの歴史観は、丸山の思想史方法論と大きく通じ合うものではないかなどと思っているのは、僕だけでしょうか?

投稿: 冨田宏治 | 2005年8月21日 (日) 23時34分

>>唯物論を否定することは、社会現象を恣意的に行うことを意味する。
>>知的水準の低いものは発言すべきではないと思う。

すいませんね、知的水準は低いです(ww
だれも「完全否定」なんかしてはいませんが。
ただ、そいつを「マルクス主義」だの「進歩主義」だのと結びつけて、やたらと教条主義の如く振り回す「知的阿呆」が、この国の「知のドブ」には相変らず多数生息しているのが問題だ、と言いたいのですよ。

ついでに言えば、
人間のおこす「社会現象」や、それを見る視点に「恣意的」なるものから完全に自由なものなどあるのでしょうか?
そもそも自然物理現象相手の理系ならともかく、感情の動物たる人間の社会に「唯物論」なんぞ完全適応できるはずはない、と思いますが。


>>E.H.カー
彼は「歴史家は歴史の諸現象について、道徳的善悪を決めるな、裁判官になるな」とも言っていますが?
丸山のスタンスは、それと符合するのでしょうか?
この変節と転向を繰り返す戦後カメレオン学者の「お言葉」はいかように受け取れますから。
干からびかけたサヨ学者には便利な「聖人」様ですね。

ついでに言えば「江戸時代の御用学者どもの云々~」とか論じている「丸山の思想史方法論」なんて、今の社会でなんか1cmでも役に立ってますか?
所詮は「閑人の机上のお遊び」(ww

同じ歴史学でも戦史や軍事史、または文明史でもやっているほうが、「知のドブ以外の」実社会では100万倍役に立ちますよ。

投稿: サヨ観測 | 2005年8月22日 (月) 08時38分

 ある思想ないしイデオロギーがその思想の担い手であるところの社会集団の属性に規定されるという考え方は、今日においては常識となっている。支配的社会集団を擁護するイデオローグには「御用学者」のレベルから「サヨ観測某」のレベルまで多々見受けられる。このように、社会科学的方法は、極めて有効性のある方法である。

投稿: 限界ハゲ | 2005年8月22日 (月) 09時30分

>>~社会科学的方法は、極めて有効性のある方法である。

「ブサヨの定説」攻撃 キタ━━━( ´∀`)━━━!!!!

>>今日においては常識となっている。

ヽ(´o`; オイオイ
それは君のやっている学問内(せいぜい学界程度)「定説(教義)」でしょう?
勝手に「自分の定説」を「一般社会の常識」に置換しない様にしましょう。
って言うか、「自己チュウ定義」&「それによった勝手な決めつけと差別」は古今東西のカルト&サヨクの悪習。
シュクセイ( `o´)ノ)゚3)゚∵∴ブハッ
説明の必要もないほどの典型的な「サヨク」君だな(ww
(´Д`) =3 ハゥー

投稿: サヨ観測 | 2005年8月22日 (月) 20時15分

 株式会社においては、継続企業の公準に基づき会計期間を人為的に区分し、期間損益計算を行うことにより、現在及び将来の株主の投資意思決定に有用な経営成績の表示を行う。すなわち、株主の利害関心は当該企業の経営成績である。
 これに対し、当該株式会社の債権者は、会社財産を唯一の担保とするため、当該会社の債務弁済能力に利害関心がある。
 (参考) 社会科学的方法の事例

投稿: 限界ハゲ | 2005年8月22日 (月) 23時20分

 紋切り型のレッテル貼り。。。
 E.H.カーも丸山も、過度にイデオロギー化したレッテル貼りの応酬を排して、歴史的対象に即した議論を求めたのでしょうね。ただ、当の認識の主体は、社会的存在としての拘束を免れず(存在被拘束性)、それ故、主観的な価値判断から自由ではあり得ない。
 それ故、E.H.カーは、歴史の客観性を確保するためにこそ、「歴史家と事実との間の相互作用の不断の過程」を求めたのであり、丸山は「理念としての客観性」と「現実としての存在被拘束性」との不断の緊張に耐え抜くことを自らに要求したのでしょう。
 自らの存在被拘束性に無自覚であり、それ故、主観的価値判断から自由になり得るという安易な前提から、自らの主観的価値判断に即して有用な(実用的な)歴史的事実だけに基づいて(自らの主観的な価値判断に即して有害な歴史的事実からは目を逸らして)歴史を主観的に構築すること。。。それが、「実学としての歴史学」ということなのでしょうが、それをE.H.カーによって正当化したら、カーがあまりにもかわいそうだと思いますが。。。
 ちなみに、E.H.カーの『歴史とは何か?』については、
http://www6.plala.or.jp/Djehuti/2001213e.htm
に良い読書録があります。

投稿: 冨田宏治 | 2005年8月23日 (火) 02時46分

丸山君の楽しい「個人思想史」

丸山・・・紋切り型の戦後ヘタレサヨ

戦前~
マルクスに例外なくカブれるけど、軍部が怖くて体制翼賛・大日本帝国万歳!して、帝大教授に出世。

終戦直後~
たちまち「転向」
民主主義・占領軍万歳!
私は実は「反軍国主義者」だと言い訳。

戦後全共闘時代まで~
自分勝手な「ファシズム理論と思想史」を自作自演。
「擬似インテリ」と「真のインテリ」と訳の解らない「区分」で日本ファシズムを説明。
プチブル擬似インテリがファシズムを支えたと決め付ける。
もちろん自分は正義の「真のインテリ階級」(ww
「日本人民は全部ダメだ。一から俺たちが啓蒙してやる!」戦後サヨク基本理論を確立。
でも権威には従順で東大教授職はしっかり保持。

全共闘時代~
「真のインテリ」と賞賛していた「学生」に「権威主義・反動」とレッテルを貼られて教授室をメチャクチャボコボコに破壊されてショックを受けて間もなく東大教授職を辞職。

全共闘時代後~
自分の過去の栄光にすがって隠遁生活。

投稿: サヨ観測 | 2005年8月23日 (火) 16時04分

松本と申します。

丸山氏が
>体制翼賛・大日本帝国万歳!

という態度をとった形跡がどこにあるのでしょうか?
ひとまず1936年の「政治学における国家の概念」という論文を読まれてみては?

おそらく樋口氏が引用されていたのもこの論文だと思いますが。

ちなみに『戦中と戦後の間』に所収されてます。


 あと、最後に一言。
新自由主義者のやり分である「国家の撤退」や棄民政策といわれるような現象。たとえば、教育や福祉の国家予算からの切捨てなどですが、

それに対する「国家の再建」という論立ての接合というのは確かに難しい話だな、と思いますね。

ただ、教育などの分野を見ると典型的ですが、ある分野への財の集中的な配分を通じて、国家の要請を貫徹させるというやり方などは、明らかに戦前のやり方とも違うし、戦後、教育基本法がうたってきた「民主的で文化的」な国家の担い手を育てるために、国家が「必要な諸条件の整備確立」をするというような国民統合でもないでしょう。

それと疑問に感じるのは樋口氏のいう「国民国家の再建」というのは、どんな内容のものなのでしょうか?


投稿: 松本教夫 | 2005年8月23日 (火) 18時47分

>>株式会社においては、継続企業の公準に基づき会計期間を人為的に区分し、期間損益計算を行うことにより~

「経済学」だったら、もっと簡単に説明できますね。
ブサヨは猿でも理解できる事を何でわざわざ「難解化」すんの?┐(-。ー;)┌ヤレヤレ
それでインテリ気分に浸るのは余裕のある高度成長期にはケッコウだけど、不景気で厳しい今の社会では所詮、無用成分だわな。
現実社会からリストラされないように頑張ってね!
_(*_ _)ノ彡☆ギャハハハ!!

投稿: サヨ観測 | 2005年8月23日 (火) 19時16分

 J、J、ルソー「社会契約論」の内容と思われますが?

投稿: 限界ハゲ | 2005年8月23日 (火) 19時21分

 そうですね。樋口氏が問題とした丸山の「弁証法的全体主義」とは、1936年弱冠22才の丸山が著した「政治学に於ける国家の概念」の一節です。痛烈なファシズム批判として書かれたこの論文が、南原繁に認められて、特高警察に睨まれていた丸山の東京帝大助教授への採用が決まったと言われます。
 もっとも、その後丸山は、東京帝大助教授でありながら、軍に召集され、最後は広島の宇品の陸軍船舶司令部で原爆に被爆し、敗戦を迎えます。
 
 ところで、樋口氏が、「国民国家の再建」という課題との関係で、具体的な例として挙げていたのは、憲法25条の「健康で文化的な最低限の生活」の保障や、労働基本権の問題でした。
 グローバルな市場の優勝劣敗の論理の前に、こうした人権を守る砦はあくまでも国民国家であるという立場なのだと思います。
 ただ、ライブ8をめぐって取上げたような貧困や飢餓の問題や、イスラムの問題をはじめとする文明間の多文化主義的な相互尊重と対話といった問題に、こうした西欧近代的な「国民国家の再建」という課題設定がどこまで有効性をもつのかという問題も投げかけられているわけですよね。
 
 

投稿: 冨田宏治 | 2005年8月23日 (火) 23時18分

 冨田先生へ
非常に勉強になりました。激務の中、ありがとうございました。私自身、故丸山教授に党派的な偏見をもっていましたので、ご教示された事実に「目からウロコ」の心境です。浅学の私ではありますが、陰ながら冨田先生を応援しておりますので、どうか、くれぐれもお体をご自愛なされますよう。
 敬具

投稿: 限界ハゲ | 2005年8月24日 (水) 09時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「『復初』の集い」にて:

« 被爆60年の長崎で… | トップページ | 関学九条の会 »